スキルがあると便利

将来はSEを目指して勉強している人も多いようですが、その為にはプログラマとしてのスキルも当然必要になってきます。
ですが、未経験でプログラマの仕事に就くことは大変難しいことでもあります。

多くは大学や専門学校でプログラマとしての知識や技術を身につけた人が、新卒で採用されることが多いようです。
既存の仕事をしていて、将来的に必要を感じてからでは、なかなかプログラマの仕事に就くことは出来ないようです。
現職を退職して、専門学校などに行く時間や費用を考えるとためらってしまう人もいるのではないでしょうか。
やはり生活をする上で、収入は大切な問題ですし、出来れば現状の生活状態を大きく変化させることなく、プログラマとして働くことが出来る環境になることが一番理想的ではないかと思います。

プログラマとしてのキャリアやスキルがあれば、女性の場合、家事や育児をしながら在宅で仕事をすることも可能になってくるので、出来るだけ若いうちに基盤を築いておきたいものです。
では、収入を得ながらプログラマの勉強をするにはどのような方法があるのでしょうか。
まずは自分のスキルがどの程度のものか、知っておくことが必要になってきます。
専門書で判断することも出来ます。

また、派遣会社などに登録することで知ることも出来ます。
派遣会社では、登録時にスキルチェックをするからです。
自分では出来ると思っていることが意外と出来ていなかったり、また想像以上に高い評価を得ることもあります。
客観的に自分を見つめるためにも、派遣会社に登録するのは良い方法ではないかと思います。
そして派遣会社にはスキルアップのための研修や勉強の機会を用意しているところも多数あります。
このようなシステムを活用すると、将来的にも役立つのではないでしょうか。

実際に長年派遣でエンジニアとして活躍してきた人が、多くのスキルを取得したのちに独立することも増えてきました。派遣とフリーランスとでは、働きかただけでなく金銭面や仕事の取得方法など多くが異なってきますので、独立を考えはじめたときには必ず独立のメリット・デメリットを理解しておくことをおすすめします。

フリーランスになる前のポイントなどはこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>